プロフを見て好みの女性を探す

プロフ

テレクラでチャットレディを探してプロフを見ていると、中には「有名人に似ている」点がアピールポイントになっているチャットレディもいたりするものです。
有名人に似ているのであれば「手合わせ」願いたいと思う人もいるかもしれませんが、これはあくまでも「参考」程度にしておくべきでしょうね(笑)
似ているというのはあくまでも自己申告であって、誰かが判断したり、あるいは厳密な審査が行われている訳ではありません。また、チャットレディを映し出すのはWEBカメラですが、カメラの角度によって見え方がまったく変わってくるのも事実です。
プロフではあまり美人には見えないものの、角度を上手く付けているがために物凄く美人に見えるチャットレディもいれば、プロフではいわゆる「奇跡の一枚」を掲載しているため、webカメラの映像では正直そこまでではないと感じてしまうというチャットレディもいるでしょう。
このように、チャットレディのカメラ写りも様々なものがありますので、有名人に似ているというのもあくまでも「参考」にすべきであって決して真に受けるようなものではないのかもしれませんね。
その方がテレクラそのものを気楽に楽しむ事が出来るはずですしね。

テレクラでモテるコツ

モテる

チャットレディにモテようとするのであれば、まずば「チャットレディを適度に褒める」事を実践しましょう。
あまり過剰に褒め過ぎてしまうと、逆効果で飽きられてしまいますので、会話の要所を捉えてポイントを踏まえて褒めてあげるのです。
例えば「○○ちゃんと話すとホント癒されるんだけど、皆んなからもそう言われるでしょ?」「○○ちゃんは他の子達と違って考え方が大人だと感じるよ」
などといった台詞が効果的なのです。
女性は誰も「自分は他の女とは違う特別な存在」と実感したい願望を有していますので、この部分を突いて評価してあげる事で、直ぐに心を開いてくれるのです。
また男性側も自分の顔をチャットレディに伝える事も効果大で、チャットレディの多くが自分だけが顔を相手に公開している不安を感じていますから、
男性側の顔を自分が確認出来れば安心感が違うのです。
ちなみに筆者も自分の顔を出してマイクを用いてお喋りしたのですが、何とも照れ臭い不思議な中にも良い雰囲気を共有出来ました。
チャットレディの警戒心を解きほぐす事が出来ればより一層親しい仲となれ、テレクラの醍醐味を堪能出来るのです。
そこであらためて「テレクラ入門編」として、相手の女の子の選び方を検証しておきましょう。
最初に各々の運営サイトのイベント、キャンペ−ンの情報を収集し、無料体験サ−ビスを利用してテレクラを実体験してみましょう。
そしてサイト選択の着眼点としては、「在籍女性が自身の好みのタイプとマッチしているか」「画質音声は鮮明良好か」「利用規約を熟読理解する」です。
女の子選択に際しては、自身がどんな風にテレクラを楽しみたいのか、目的をしっかり明確にしておきましょう。
「女の子を脱がせて裸が見たい!」というのであれば、敢えて新人チャットレディをタ−ゲットにするのがオススメです。
なぜなら新人チャットレディは利用者からのリクエストに応じてくれる可能性が高いと言われています。
それでも無理強いしてはならず、あくまでテレクラの基本目的は女の子との楽しいお喋りを楽しみ、
相手の同意の上でバ−チャル的なエッチを満喫する事ですから、利用者から強引に要求命令する事はNG行為なのです。
利用規約を踏まえ、あくまでモラル常識を意識して楽しまねばなりません。
女性経験が少なく、会話に自信が持てないという方は、人気ランキングの上位にランクインしている女性を選ぶと良いでしょう。
経験j豊富なチャットレディはルックスも抜群であり、相手への心遣いも完璧ですから、利用者を心地良くさせるト−ク術を有しているのです。
だからこそ口下手な男性でも安心してテレクラをエンジョイ出来るのです。
いずれにせよ、無料ポイントの範囲内で相手をチョイスする事こそが、テレクラレディ選択時の「要」なのです。

テレクラで失敗しないために

失敗

よく解らない時ですとか、まだまだ慣れていない時にはどうしても失敗をしてしまうものです。これは仕方ない部分でもあるのですが、テレクラではどうでしょうか。テレクラでもやはり慣れていないとどうしても失敗してしまう事はあるものです。例えばですが、どうしてもチャットレディに気を使いすぎてしまう人もいるでしょうね。
テレクラは男性側ではなく、チャットレディが気を使ってくれるものです。これはチャットレディの方が報酬を得ているのですから、当然といえば当然なのですが、いざチャットレディを目の当たりにするとチャットレディに対して必要以上に気を使ってしまい、チャットレディとしても恐縮となってしまって話が盛り上がらなくなってしまう…。そのような事もあるようですね。
これはテレクラに限った話ではなく、一般論ですがやはり人間気を使われすぎると恐縮してしまうものですよね。ましてやテレクラの場合、チャットレディ側が気を使わなければならない側なのですから、気を使われたら恐縮の度合も半端なものではないのではないでしょうか。ですので、チャットレディにはあまり気を使いすぎないようにすべきと言えるかもしれません。

テレクラのパフォーマーになれる条件

パフォーマー

テレクラのパフォーマー『チャットレディ』。チャットレディになるための必須条件はいくつかありますが、どれも難しいものではありません。
(1)年齢
 チャットレディは18歳以上の女性であれば、誰でも応募することが出来ます。ただし、テレクラの種類によっては19歳以上と定められているのでご注意ください。また、高校生は不可とするテレクラが殆どなので、併せてご注意ください。
 尚、人妻や熟女専門テレクラは応募条件が厳密に定められており、なかには35歳以上の女性しか応募出来ないテレクラもあります。
(2)機材
 インターネット回線と、それに接続出来るパソコン、そしてライブ映像配信に使用するWEBカメラの3点が必須です。
 WEBカメラに関しては、テレクラによってはレンタルサービスを行っているところもあるので、そういったサービスを利用してもいいでしょう。
 昨今においてダイアルアップ、ISDN回線を使用している人はまずいないと思いますが、そうである場合は回線契約の見直しを。テレクラへ接続中、あなたのパソコンは常時大容量のデータを送受信します。インターネット回線が貧弱だと、接続切れが発生するのでご注意下さい。
 それから、ブラインドタッチが苦手という人は『マイク』を用意しておくと便利です。テレクラは文字だけでなく音声もやり取り可能なので、テレビ電話感覚で楽しめますよ。

ネット上のキャバクラ

ネット

テレクラとはサイト内でテレクラガ−ルと称される女性側と、男性利用者が映像を用い、音声や文字で意志疎通を図り楽しむサ−ビスです。
いわばネット上のキャバクラ的な存在と例えると、イメ−ジが湧くかと思います。
そんなテレクラは大きく2つの種類に区別出来、それらがノンアダルトテレクラとアダルトテレクラなのです。
そして日本国内のアダルトテレクラには、ノンアダルトとアダルトの要素双方を持ち合せた「ミックス」と称されるサイトも見られます。
また海外のアダルトテレクラはそのサ−ビスの内容が一層過激で、強烈にエッチなサ−ビスを配信していたりもします。
次にテレクラの利用に際してですが、男性利用者は最初にサイトに会員登録する必要があります。
そして登録が完了すればサイトが販売するポイントを購入し、これを用いて自身の好きな時間にログインして好みの女性を選択し、チャットを楽しみます。
女性側はテレクラガ−ルとしてサイトに在籍登録しており、男性のログインをチャットル−ムで待機しています。
また女性側は自身を映し出すWEBカメラを準備する義務を負っています。
またマイクを用いる事で音声配信も可能ですが、こちらは任意となっており、男性側はWEBカメラの利用も任意ですが、
手元に準備する事でお互いの顔を見ながらの双方向テレクラを楽しむ事が可能となります。
先にも触れた通り、男性はポイントを利用しなければテレクラを楽しめませんが、
テレクラガ−ルは男性利用者が消費したこのポイントの一部を報酬として得ています。
ちなみに金額面は男性が消費するのは、ノンアダルトの場合で1分間当たり80〜100円が相場で、テレクラ利用中はこれが継続消費されて行きます。
そして女性側の報酬はこの金額の約半分で、ノンアダルトであれば1分間当たり40〜50円程度となります。
対してアダルトテレクラの利用料金設定はノンアダルトよりも割高であり、消費するポイントも多くなる分、女性の報酬も高額となっています。

Copyright(c) 2010 口コミで人気のテレクラ紹介 All Rights Reserved.